ジュニアシートおすすめのGRACO(グレコ)どこのメーカーがいいのか迷ったらこれ!

子育て便利グッズ


子供が成長して、チャイルドシートが小さくなってきたら、そろろろジュニアシートの出番です。いつでも使えるようにジュニアシートの準備をしたいけれども、チャイルドシートは何歳までで、ジュニアシートは何歳から?身長が大きければジュニアシートにしてもいいのかしら?
切り替えの時期は分からないことばかりで、ジュニアシートを買うのもためらってしまいます。それでは、ジュニアシート切り替え時期の不明点の答えとおすすめのジュニアシートの紹介をしていきましょう。

スポンサーリンク

ジュニアシートの基準

国土交通省の自動車総合安全情報によると、このような基準が設けられています。

乳児用チャイルドシート 体重10kg未満(身長70cm以下、新生児~1歳くらい)
乳児は首が据わっていないので、寝かせられるチャイルドシートが安全です。後ろ向きの「シートタイプ」と横向きの「ベットタイプ」があります。

幼児用チャイルドシート 体重9~18kg(身長65~100cm以下、1~4歳くらい)
首が据わり、一人でお座りができるようになったら前向きの「シートタイプ」を使用しても安全です。

学童用ジュニアシート  体重15~36kg(身長135cm以下、4~10歳くらい)
ジュニアシートを利用することで子供の座面を上げて背の高さを大人と同じぐらいにし、大人用のシートベルトが利用できるようになります。

以上のような基準になりますが、こちらはあくまでも目安となりますので必ずお子様一人一人に合わせてジュニアシートの切り替えをしましょう。
体重や身長が目安基準に至ったとしても、もしきちんと座っていられないようなら、ジュニアシートは大変危険です。車に付随しているシートベルトで固定するので、椅子から落ちたり、急ブレーキで前のめりになったりする可能性もあります。

子供達の安全は私たち親がしっかり確認して守ってあげなければいけません。ジュニアシートはチャイルドシートとは違い、体を伸ばせば車の窓やドアに手を伸ばすこともできます。「きちんと座っていないと、大変な事故になりかねない」ということをしっかりと教えて、きちんと自分で分かるようになってからジュニアシートに切り替えた方が安心です。

使ってよかったおすすめのジュニアシートとは?

それでは、いよいよジュニアシートで大丈夫という場合、どこのメーカーを選んだらよいでしょうか?店舗やインターネットでジュニアシートを選ぼうとすると、ありますありますいろんなジュニアシートがあります。
そこで、今回は使って良かったジュニアシートをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

「GRACO (グレコ) 」のジュニアシートは大変機能的で使いやすさが抜群です。見た目もカッコよくシンプルですが、どんな車にも乗せてもおしゃれなジュニアシートです。背もたれがあるタイプとないタイプがありますが、背もたれがあるタイプは取り外しができるの2WAYタイプが魅力的です。

ヘッドサポートも調節可能です。成長に合わせて6段階から選ぶことができます。また カップホルダー が両側についているので、ドリンクはもちろん、あめやガムのお菓子や小さいおもちゃも入れることができるので便利です。 カップホルダー は少々浅いので500mlのペットボトルを入れておくと、落ちることがあるので気をつけましょう。また、やけどを防ぐために、 カップホルダー内に熱い飲み物の容器は入れない方がよいでしょう。

シートベルトの肩ベルトを肩ベルトの通し穴に通して使うことができるので、シートベルトが顔に掛かってしまうのを防ぐことができます。
また、車に乗っていて子供が寝てしまったということがありませんか?そんな時、ヘッドサポートがあることで、横倒れになることなく頭部を支えてくれるので体勢が安定しぐっすり眠ることができます。横で運転している大人も安心です。

こちらは最初から背もたれがないタイプのジュニアシートです。成長して背もたれが必要なくなったらこちらの方がシンプルに使うことができます。座面が少々かたいのでお尻が痛くなるとう評価も見られますが、我が家の子供達三人は痛がったことはありません。
それぞれ感じ方が違いますので、座面がかたいと感じたら、クッションを敷いてあげるのもいいでしょう。

見た目もシンプルでスタイリッシュ。どんな車にも合いそうですね。パパの車に乗せたり、ママの車に乗せたり、おじいちゃんおばあちゃんの車にもバッチリです!

まとめ

おすすめのジュニアシートは気に入っていただけましたでしょうか。「GRACO(グレコ)」のジュニアシートはカバーを取り外すこともできるので、汚れた時は洗濯もできる優れものです。

3歳・4歳から使用できるジュニアシート、大事に使うことで12歳頃まで長く愛用できます。子供の安全の為に、取扱説明書をしっかり読んで大事な命を守りたいですね。


スポンサーリンク