ICT教材として学校や塾で採用されている評判の【タブレット学習|すらら】が選ばれる理由とは?

ict-surara

通信教育


ICT教育とは、教育現場で活用される情報通信技術そのものや取り組みのこと。

今や教育現場には欠かせない、ICT教育に一役かっているのが通信教育で人気の「すらら」です。

ICT 教材「すらら」は国内では約2,171校の塾や学校等で活用されています。

タブレット教材の「すらら」が学校や塾、家庭でも評価されているのは「低学力から高学力まで幅広く対応している、万能のタブレット教材」だからなのです!

この万能のタブレット学習教材「すらら」、他にはどんなすごいところがあるのか?!実際に使用している人はどんな評価をしているのか?!知りたいですよね!

詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


\無料資料請求・無料体験はこちらです/


すららのここがすごい

まずは、「1.対応学力の幅が広い!

勉強の進むペースや進み具合は人それぞれです。それぞれのレベルに合わせて、すららが対応してくれので、心配することはありません。安心して学習を進めることができます。

そして、「2.子供のつまづきポイントを分析➡重点的に復習➡苦手克服!

自分がどこが苦手でどんな問題をしたらいいのか!自分で分析するのは難しいですよね。親や学校、塾の先生も、それぞれの子供の勉強にぴったりついているわけではありませんから、苦手を細かく察知することはできません。

スララなら、自動的に苦手分野を分析してくれる!んです。これなら苦手を克服するにも、時間がかかりませんね。

まずは、「1.対応学力の幅が広い!「2.子供のつまづきポイントを分析➡重点的に復習➡苦手克服! について、もっと詳しく見てみましょう。

1.対応学力の幅が広い点

「すらら」なら偏差値30~60以上まで幅広い対応が可能なので、子供ごとに教材や指導方針を変えずとも、オーダーメイドの授業が可能になります。

普通の教材の場合、生徒の理解力がどんどんレベルアップすれば、教材を変更しなければなりません。そのままにしておけば、せっかく理解力がアップしても、成長が止まってしまうことも多いんです。

しかし、「すらら」は低学力層、中間学力層、高学力層の子供も自分のレベルに合わせてレベルアップし、「すらら」を使い続ける事が出来るという優れもの!

飽きずに、諦めずに無理なく続けることができます。

2.子供のつまづきポイントを分析➡重点的に復習➡苦手克服

    「すらら」 2013年 「すらら独自のつまずき診断システム」 特許取得
    間違えた問題に対し、各生徒が苦手なポイントを分析して重点的に 復習させる革新的なシステムで特許を取得しました。

それぞれの子供の間違え方を分析し、苦手を克服するのに最適な問題が、自動で出題される画期的なシステムを開発し特許を取得。

苦手な単元や分からなかった単元は、前の学年から復習したり、得意な単元は次の学年へどんどん先取り学習ができます。

それでも、どれだけ前に戻っても、先取りしてもかかる費用は同じ。テキストや教材をわざわざ用意する必要もないので、無駄な時間を使うこともなく、何より経済的です。

\無料資料請求・無料体験はこちらです/


「すらら」は全ての学年の教材を好きなだけできる?!

うちの子は、もう4年生。2年生の時は九九をきちんとやらなかったから、3年生、4年生では数の多いかけ算も、割り算もつまずいているの。

もう、取り返しがつかないわよね。

そんなことはありません!前の学年の教材をわざわざ買うこともありません。「すらら」なら、前の学年に戻って苦手をすることが可能なんです。

勉強が苦手な子供も、難なく対応可能!無学年制なので、その時は分からなくて苦労した、前の学年の問題も、戻って復習することができます。

分からないこともは分からないままにしていては、必ずどこかでつまづくことになります。そうならないように、その場その場で分からない学習は習得しておきたいですね。

先取り学習も自由自在

うちの子は、自分の学年の教材を買ってきて勉強しているんだけれど、物足りなそう。上の学年の教材を買うにもどれを買っていいのか迷ってしまうわ。

「すらら」なら、小学校高学年~高校生まで、全ての学年の教材を好きなだけ取り組むことができるんです

すららは「無学年方式」。これは人気の大手タブレット教材である、進研ゼミやスマイルゼミなどにはない方式。

自分の学力に合わせて、進んだり戻ったりすることで、学力アップにつながっていくんです。分からないことを克服し、分かることはどんどん進むことで、自信にもつながりますね。

自分は出来る!という自己肯定感もアップ⇧します。

まとめ

無学年制教材・対話型アニメーション、インターネット・通信教育教材「すらら」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

いろんな通信教育を試してみたけれど、続かなかったというお子さんも、ゲーム感覚で勉強できる「すらら」なら、学力アップにつながるかもしれません。

まずは、勉強が楽しくなるように導いてあげたいですね。「勉強が分かる!」は子供が勉強が楽しくなる第一歩です。

勉強が楽しく成れば、自然に分かるようにになって、自然に学力アップにつながります。

そして、学校もより楽しくなり、友達付き合いも良好になるなど、楽しい毎日が待っています!

ぜひ「すらら」試してみてくださいね♬

\無料資料請求・無料体験はこちらです/


https://mama-no-kokoro.com/benesse-manabi/

こどもちゃれんじ&進研ゼミを続けて【10年】進研ゼミを続けると学力アップするのか?