娘がヤマハ音楽教室を始めてピアノを購入するまで。おすすめのピアノはこちらです。

習い事


お子さんがピアノを習っているパパさんママさん。ピアノ選びにこまっていませんか?ピアノ購入を検討しているパパさんママさんに読んでもらいたい!我が家のピアノ購入の話です。ぜひ参考にしてくださいね。

ピアノ購入を考えたきっかけ

長女の娘はヤマハピアノ教室を始めて、なんと7年目です。何となく女の子ならピアノを習わせたいという、パパと義母の希望から始めたのがきっかけです。

娘は歌も踊りも大好きでしたので、おんがくなかよしコースから始めました。それはそれは楽しそうでした。3歳からは幼児科に進み、ピアノやエレクトーンを弾くことも増えてきて、自宅での練習もしなければなりませんでした。

さて、その当時自宅にはアンパンマンやプリキュアのおもちゃのピアノしかなく、住まいもアパートでしたので、これからのピアノの進路と共に、自宅での練習について考えなければいけない時期にきていました。

ピアノを習っていて親が悩むこと

◆このままおもちゃのピアノでいいのか? 大丈夫なのか?
◆キーボードでもいいのか?

◆電子ピアノの方がいいのか?
◆電子ピアノであれば、狭いアパートでどこに置こうか?
◆家の中でピアノを弾い
て、音漏れでご近所迷惑にならないかしら

いろんな悩みがよぎりました。
そして、一番の問題は『娘はピアノを続けるのろうか?嫌になって辞めたりしないだろうか?

辞めてしまったら、せっかく買ったものも使わなくなってしまうので、それはなるべく避けたいという思いです。

しかし、親の心配は無用でした。娘はピアノが楽しくて楽しくて、毎日おもちゃのピアノで練習を始めました。

ヤマハの先生にも、自宅での練習楽器について、相談はしていたのですが、買うという決断はできないでいました。

年齢も上がっていけば、難しい曲を弾くようにもなりますし、幼児科では最初は右手だけですが、徐々に左手も練習していき、次第に両手で弾くことになります。
そうなってくると、おもちゃでは限界でした。

そして、最初に選んだのは楽器店で一番安いキーボードです。まだまだ、ピアノを続けるとは限りませんし、電子ピアノも数万円から十数万円します。無駄にはできません。

一番安いキーボードは一万円でもおつりがくるぐらい!!まずは練習ができればいいだろう。そんな気持ちでした。

娘は一生懸命に練習していきました。ピアノが大好きなようです。

ついに、年長に上がった時のこと。自宅で練習をしていた娘が、
『ママ!!鍵盤が足りない!!手が重なっちゃう!!』
始めは何のことだか、全く分からず。
実は私は小さい頃、ピアノを少し習っていたのですが、挫折して辞めてしまっていますので、ピアノは弾くことができません。

鍵盤が足りない??? 手が重なっちゃう???

後で、ヤマハの先生に相談すると、
『難しい曲を弾くようになると、曲の音域が広がって、キーボードでは足りなくなるのです』そういうことか。。。

娘に実際に弾いてもらうと良く分かりました。ある曲の一場面で手が重なりあっていました。

今度はキーボードでも鍵盤が足りなくなり、今後の自宅練習を再度考えることになったのです。

電子ピアノを買う必要がでてきたのか。。。

私は電子ピアノしか考えていませんでした。
やはり、頭によぎるのは、ピアノを辞めてしまわないかということ。
そして、置き場所です。

そのまま月日は過ぎ、何とかキーボードで幼児科を乗り切るとはできたものの、問題は残したまま。。。

そして、娘が一年生に上がった春、一軒家に住むことになりました。
娘はジュニア総合コースに進み、我が家は三姉妹に。妹もピアノに興味を持ち始め。

三姉妹なら、誰かはピアノを続けてくれるのではないか?
一軒家になり何とか電子ピアノも置けるのではないか?

それならば、電子ピアノを買ってもいいのかもしれない。

そして、ヤマハの専門店で電子ピアノを見に行くことになったのです。

そこで、待ち受けていたのは!!キラキラ光るアップライトピアノ!!

素敵な電子ピアノもたくさんあったのですが、アップライトピアノがあまりに素敵に見えました。

主人と私は、アップライトピアノも視野に入れて購入を考え始めたのです。
しかし、アップライトピアノはもちろん高価です。

もちろん中古もたくさん見せていただきました。

そして、ピアノと私たち家族との出会いでした。

このピアノに決めた理由

ヤマハのピアノにはコンパクトサイズのものがあるのです。

ヤマハ 【b113】 
置き場所に困らない高さ113cmのコンパクトなピアノです。
コンパクトで定評のあるモデルです。
b113DMC b113WH のbシリーズカラーバリエーションタイプもあります。
  • 高さ113cm/間口149cm/奥行53cm
  • 黒塗り艶出し仕上げ
  • インドネシア製

インドネシアで製造することによりコストを抑えて低価格を実現しています。
サイレント(消音機能)取り付けもできます

価格も通常のアップライトピアノピアノよりも、お手頃ですし、高さも低いので置き場所に困りません。
大きいものだと我が家の電気スイッチが隠れてしまい、電気がつかない状態になるところでしたが、bシリーズなら、電気スイッチがちょうど押せる位置に収まりました。

また、小学生から中学生がピアノを練習するには最適なピアノです。しかも、音も通常と変わりません。ただ、コンパクトサイズなので、音量も通常よりコンパクトになります。

ご近所が密集していて、ご近所へのピアノの音が気になるようであれば、音は良くて、少々ボリュウームが低いのはとても助かりますよね。

国産のピアノにこだわっているのでしたら、グレードの高いものや国産の中古をお勧めしますが、特にこだわりがないようでしたら、大変おすすめです。

アップライトピアノはやはり鍵盤に重みがあります。音に高級感があり、メンテナンスをすれば、50年使用できるそうです。
電子ピアノでもグレードの高いものは数十万円しますから。

置き場所や、本人の意思、弾いた感じ、環境をしっかり考えて、
どちらを選ぶか?

悩んだらまずは店頭で試してみてはいかがでしょうか。

我が家の三姉妹は毎日順番で素敵な音色のピアノを弾いています。

https://mama-no-kokoro.com/iihanashi-1/

“娘がヤマハ音楽教室を始めてピアノを購入するまで。おすすめのピアノはこちらです。” への1件の返信

コメントは受け付けていません。